施設について

施設概要

外観済生会は明治44年(1911)年、明治天皇の御心に沿って、医療による生活困窮者救済の目的で設立され、東京に本部をおく恩賜財団・社会福祉法人として成長し現在に至っています。岡山県済生会は、総合病院をはじめ、老人福祉施設・介護施設・リハビリ施設などを有し、幅広く地域の医療や福祉に貢献しています。

岡山済生会昭和町健康管理センターは、健診を専門に行う施設として生活習慣病やがん検診による早期発見・早期治療を行うことにより、予防医学の立場から済生会の医療・福祉活動の一端を担っています。
また、当施設の特徴としては、健診・人間ドック施設に加え、生きがいづくり・健康づくりを目的としたフィットネス・カルチャークラブを併設している点が挙げられます。早期発見・早期治療に加え、健康でいきいきとした生活を送り、健康寿命を延ばすための心と体の健康づくりを各部門が連携してサポートしています。

機関名 岡山済生会昭和町健康管理センター(岡山済生会昭和町診療所)
所在地 〒700-0032 岡山県岡山市北区昭和町12-15 >>アクセスマップはこちら
電話番号 健診:086-252-2200
フィットネス・カルチャー:086-252-1101
FAX番号 086-252-2205
健診機関番号 3320700184
経営主体・開設者 社会福祉法人 恩賜財団 済生会
支部長 岩本 一壽
センター長 田淵 正登

理念と方針

あなたの心と体の健康維持・増進を済生のこころでサポートします。

基本方針
  1. 健診からフィットネス、カルチャーまでが連携して、健康維持・増進と生活習慣病予防が、高いレベルで達成できるよう努力します。
  2. お客様に安全、快適に利用いただけるよう配慮します。
  3. 健診部門は常に医療技術と健診精度の向上を目指します。
  4. 職員の能力向上に努めるとともに、業務改善を図り経営の安定に努めます。

平成20年4月1日制定
平成24年4月1日改訂

健診センター受診者の権利
  1. 適切な健診を公平に受けることができます。
  2. 自分の検査結果について、納得のできるまで説明を受けることができます。
  3. 精密検査や治療が必要な方は、自分の意思で医療機関を選ぶことができます。
  4. 個人情報とプライバシーが守られます。
  5. 受診時には他の受診者への思いやりと、定められた規則を守る義務があります。

平成24年4月1日制定

センター長よりご挨拶

aisatsu1岡山済生会昭和町健康管理センターの前身は、昭和62年に社会保険庁が『生活習慣病予防健診(当時、成人病健診)の普及を目的として設立された社会保険岡山健康管理センターで、健診の拠点として重要な役割を担っていました。しかし、国の方針により施設が売却され、現在は岡山済生会が事業内容をほとんど変えることなく継続して運営を行っています。

岡山済生会昭和町健康管理センターでは、健診から食事・生活改善アドバイス、治療、趣味、トレーニングまでをトータルにサポートするため、健診保健部門・フィットネス・カルチャー部門・レストラン、そして岡山済生会総合病院が連携し、病気の早期発見・早期治療はもとより、心と体、食事といったさまざまな視点からそれぞれの専門家が皆様の健康づくりを支えています。

今まで以上に皆さまに満足していただける施設を目指し、心と体の健康維持推進のサービスを提供していきたいと考えています。

センター長 田淵 正登